シンプルライフ

フローリングむき出しで何も置かない床は掃除がしやすい【暮らしやすい部屋】

投稿日:

スポンサードリンク

ダイニングにあった子供用の遊びスペースを寝室にお引越し。

その代わり、ダイニングはわたしの作業スペースと、悪天時の部屋干しスペースなどマルチになんでも利用できるスペースとして使うことができるようになりました。

 

このダイニング、あえてマットやカーペットなども敷かず、フローリング丸出しのまま。

傷つくのでは?という心配もありますが、廊下を含め5年以上住んでも致命的な傷を負っている部分もないので、フローリングのままでいいかなと思っています。

 

床敷きマットを取り去る前は、掃除するまでが大変だった

 

今までこの場所にあったのは、グリーンのプレイマット。

IKEAで購入したもので、緑のグラデーションがキレイでした。子どもが小さいと、ジョイントマット敷いたり、クッションマット敷いたりって、必ず通る道ですからね。(子どものために必要かと言えば、別になくても良かったけど。)

 

マットを敷いておけば表面はキレイでしたけど、たまに裏返すとチリやらホコリやら、子供たちが運んだ食べかすやら、なんかいろいろ出てきて、

 

きったねーーーー!!

 

と思わず叫びたくなるような状態。

 

しかも、マットの上は子どものおもちゃが大量にはびこってるので、それをどかすだけでも一苦労。

 

おもちゃをどかす

マットをはがす

掃除機をかける

 

掃除機をかける行程まで長すぎる。

むしろやりたくない。

マット剥がしてきったねーの見たくない。

めんどくさいから掃除機かけない。

 

しかも、フローリングの掃除をした上で、マットの掃除もしなければならないという、まさに二度手間。

めんどくさすぎる。

 

フローリングむき出しだと、すぐに掃除に取りかかれる。汚れも目立つ

わたしみたいにズボラな人間は、掃除をやりやすい状態にしといた方がいいことを実感。

フローリングむき出しなら、髪の毛が落ちてるのも目立つし、子どもがはしゃいで食べ物をこぼしても拭くだけでいい。

 

掃除機もすぐにかけられるし、モノが散乱していると気になるからどかすようになる。

 

いざ部屋干ししなきゃ!と思っても、物干しラックを置く場所に困らない。

余計なモノが目に入らないと、作業もはかどる。

 

あれ、これルンバ使えるんじゃない?

なんて思うほど、床の上がキレイに保てています。

 

床掃除がめんどくさいのは、掃除する床が見えないから

掃除機をかけたり、拭き掃除をするのなんて、何もない6畳ぐらいの部屋なら5分もかかりません

でも実際は、もっともっと時間がかかっている。

 

それって、床を発掘する作業が手間だからなんだよね。

 

床の掃除の時間よりも、床に落ちてるモノをどかす作業の方が、手間も時間もかかる。だからやだくなる。

ということで、できるだけ床にモノを置かない生活をすることが、簡単にキレイを保つ方法だということを、身をもって知ることができました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-シンプルライフ

Copyright© ゆるゆるシンプルLife , 2018 All Rights Reserved.