長野ですごす、ゆるく、楽しく、暮らしやすい日常

ゆるゆるシンプルLIFE in NAGANO

日記

甘龍(かんりゅう)という長いかぼちゃを収穫!お味はどう?【夏野菜】

投稿日:2017年7月11日 更新日:

ただいま長野県の畑では、夏野菜の収穫が最盛期。野菜はスーパーで買わなくていいほど、畑から採れたてのおいしい野菜をたくさん食べられます。

どうも、aki@いつも、秋。だよ!

その中で、今年初めて育てられたかぼちゃがあるんです。それが「甘龍」。

甘龍と書いて、「かんりゅう」と読むそうです。苗を買ってきた旦那さんは、ずっと「あまりゅう」だと言っていました。…わたしが検索してみて初めて、「かんりゅう」と読むことに夫婦で気づきました。

ひょうたん型の長かぼちゃ「甘龍」とは?

これが、畑で採れた甘龍。ヘチマのような、ひょうたんのような風貌。これ、南瓜です。

ちなみに、栽培は露地栽培。苗を植えたのは5月の初旬、坊ちゃん南瓜も植えましたが、甘龍の方が早く収穫できました。

全長は約50〜60センチほど。けっこうデカイです。

「甘龍」というぐらいなので、どれだけ甘いか楽しみ。

 

スポンサーリンク




 

切り心地は「サクサク」、甘龍は調理しやすいよ!

甘龍かぼちゃに包丁を入れてみます。サクッと切れます。

普通のかぼちゃは固いので、切るのに苦労しますが、甘龍にそんな感じは一切ありません。サクッと切れます。坊ちゃん南瓜もやわからい部類だと思いますが、そんなの比ではありません。甘龍の方が断然サクッと切れます。

なので、簡単に薄切りも可能です。ワタも柔らかいので、簡単にこそげ落とせるので、とにかく下処理が簡単。

しかしながら、切ってみたらかぼちゃの黄色が薄いような…?もしかしたら、収穫時期を早まったのかもしれない。

 

シンプルに焼いて食べてみた「甘龍」の感想

この日の夕飯は焼肉だったので、焼き野菜にしてシンプルにいただいてみました。一緒に見えるのは、同じ畑で採れたズッキーニ。ズッキーニも、「おばけ化」していて、もはや甘龍と負けず劣らない大きさに成長していました。

けど、皮が硬くなることもなく、普通のズッキーニと同じように美味しくいただけました。

フタをして蒸しつつ、焼き色をつけて香ばしく焼きあがったかぼちゃ。もはや、見た目は普通のかぼちゃです。

お味はというと、たしかに甘い!ただ、坊ちゃん南瓜とは違う甘さです。ホクホク感もありながら、サクサク感もある感じで、けっこうあっさりいただくことができました。

うちの3歳と0歳の子どもたちもムシャムシャと食べてましたよ!

旦那いわく、「アボカドよりの南瓜」だそうです。わかる気がする!

 

見かける機会は多くないかもしれないけど、かなりおすすめな南瓜でした

甘龍はめちゃくちゃおすすめな南瓜なことがわかったものの、スーパーに並んでいるのを見たことがありません。

直売所や道の駅ならあるかもしれない…。もしかしたら、日本全国の中でどこかの地域に行けば、栽培が盛んなところもあるかもしれないけれど、まだまだメジャーになるには時間がかかりそう。

だけど、調理もしやすくて、普通の南瓜と同じような料理に使えば大丈夫なので、見かけたらぜひ手に入れてみてくださいね!

わたしは、もう少し実が熟した甘龍を収穫してリベンジしてみます。







-日記

Copyright© ゆるゆるシンプルLIFE in NAGANO , 2018 All Rights Reserved.